カメラは見ていた!
侵入現場9連続写真

ブン太 「……何だかとっても心惹かれてしまうココ…きっと宝物が隠されて
     いるのに違いない! でも…届かないのニャ」
実 況「おや? ブン太選手、何かを見つけた模様ですね、飼主さん」
飼 主「あそこは高さもあり難易度の高い難所ですが…チャレンジャー
     ですね、ブン太選手は」

ブン太「よっと…」
実 況「おやおや〜? どうしたんでしょうか。ブン太選手、方向違いに
     突撃です!」
飼 主「ふ…そこは頭脳と技術でガードを固めた所…彼も恐れを
     なしたのでしょう!」

ブン太「うん。ここなら…」
実 況「ブン太選手、顔を出しております。う〜ん、可愛いですね〜」
飼 主「ええ! 下からのアオリ顔、ナイスショットですねぇ〜エヘエヘ」

ブン太「とりゃっ! ありり〜?」
実 況「ぉおっ、そこから飛ぶのでしょうか? いや、遠い! 届きません!
     無念です、ブン太選手!」
飼 主「やはりね…そんな所からでは破れませんよ。ハハハハハ」

ブン太「むむむ…。それなら…」
実 況「お〜〜〜〜! そう来るか、ブン太選手! 押しています!
     鼻力です!」
飼 主「な…なに?」

ブン太「とぉっ!」
実 況「す、すごいジャンプ力です、ブン太選手!
     あのジャンプはいかがですかね、飼主さん」
飼 主「むむ〜。…いや〜、彼はもっと飛べる筈なんですがね〜。
     あきらかにウェイトオーバーですな」

実 況「いや〜、これは手厳しい…ぁあっ! ブン太選手、よろけました!」
ブン太「おっとっと」
実 況「…いや、違います! 手です! 手が出ています!」

ブン太「にょろ〜ん」
実 況「ああっ! ブン太選手、ターゲットを捕らえました!
     やりました! ブン太選手、ゴ〜〜〜〜〜ル!」
飼 主「おおっ!」

実 況「素晴らしいっ! 素晴らしいです!
     では、ブン太選手に勝利の云葉を伺ってみましょう!」

……カメラ移動中……

実 況「ブン太選手、何か一言…」

ブン太「タ、タチケテ……」


この後、挟まってしまったブン太選手の救出がくまのプーさん並みに
大変だったことは言うまでもない…